0 2108

“スマートフォンと電子カルテ連携の各種機能が病棟看護業務に もたらす効率化と質的向上”

Posted on 2017-10-12 23:59:45

群馬大学医学部附属病院システム統合センター副センター長・准教授 鳥飼幸太氏が医療専門誌「新医療」に“スマートフォンと電子カルテ連携の各種機能が病棟看護業務にもたらす効率化と質的向上”のタイトルで記事を執筆されました。記事中でDeltapath Acuteを利用したナースコールシステムもご紹介いただきました。

記事要旨:

看護の現場を支える支援システムは、簡易システムではなくむしろ病院インフラとして設計・検討されるべき特徴を有していることを示すとともに、群馬大学医学部附属病院におけるスマートフォンを中心とした業務支援システムの導入について紹介する。

またブログでも医療現場におけるスマートフォンを利用した医療コミュニケーションに関してのインタビュービデオを掲載しておりますの。下記からアクセスしてご覧ください。

 

 


Previous Post
Next Post