沿革

デルタパスは、多くの企業、また様々な業種・団体の客様へユニファイドコミュニケーション(UC)ソリューションを提供しています。UCエコシステムの中で複数のベンダーを“つなぐ“ことで本当の意味でのコミュニケーションの統合を目指しています。詳細は、www.deltapath.co.jpをご参照ください。

 

2017

Deltapath® inTeamの販売アナウンス
Deltapath Deltapath® O365 Connector™の販売開始
Deltapathミャンマーオフィスをヤンゴンに開設

2016

Deltapath® Connector™ の販売開始
Polycom Technology Innovation Grand Prize Award 受賞

2015

DeltapathがGartnerより今後ウオッチするベンダーとして選定

Deltapath® frSIP® Skype for Business Gatewayの販売開始

Deltapath 日本オフィスを東京に開設

2014年

frSIP® UC プラットフォーム向けの新しいモジュール―医療産業向けのモビリティ機能を追加

香港ICTアワード2014にて、デルタパスは企業向けfrSIP® UCがベストビジネスソリューションプロダクト部門で銀賞を受賞

2013年

二年以上に渡る研究開発努力を続け、放送産業向けのデルタパスエンゲージメント プラットフォームを新しいブランドとしてリリース

2011年

創立10年目。デルタパスは企業向けIP-PBXを取り扱い、IP電話を主力商品とする企業から,、世界中のお客様に向け様々な産業別ソリューションを提供するfrSIP®ユニファイドコミュニケーション(UC)コアへと進化

2010年

frSIP® PBXが全てのポリコム端末と互換性を持つ、総合ユニファイドコミュニケーション(UC)プラットフォームとしてバージョンアップ。これにより音声、ビデオ、またデスクトップの仕様が統合。この日までに、30,000を超えるポリコム端末と300以上のfrSIP® UCスイッチが25カ国、65の都市に導入

2009年

世界32の街に20,000台以上のポリコム端末を販売実績

2008年

ポリコムArenaパートナーとして正式認定を受ける。 また同時にポリコムテクニカルパートナーとしてアジアで認定される。同年、VoIPゲートウェイのメーカーとしてQuintomに認定されるとともに、Quintom製ゲートウェイをデルタパスソリューションと合わせて販売するという戦略パートナーシップを締結。

2007年

グローバル1000の企業に導入決定

2006年

フォーチューン500の企業に導入決定

2005年

フォーチューン500の企業にトライアルで導入開始

2004年

最初の製品 frSIP® PBX を企業向けにリリース

2002-2003年

マーケットの調査、及び最初の製品開発を開始

2001年

創業