緊急通報用電話番号との連携

ユニファイドコミュニケーションにおけるモバイルディバイスの普及により、現在ではユニファイドコミュニケーションネットワーク内のいかなるディバイスからも110や119といった緊急番号へ繋がる事が可能になっています。従来、緊急時には対応するスタッフは電話回線上に登録されたリストから発信者の位置確認が必要でした。しかしながら、エマージェンシー モビリティソリューションでは担当者が物理的にオフィス内にいることなくオフィスの電話回線を使用することを可能にしています。

E911はfrSIP®の標準機能で、緊急通報によって警察職員が派遣を要求された際に、オンサイトにいる警察官をその電話へ参加させることにより発信者の位置をより確実に特定することも可能にしています。また、緊急通報の発信者とオンサイトにいる警察官との間の会話にオペレーションセンターの担当者を自動的に参加させることも出来ます。すべての会話を記録することも可能で、オペレーションセンターから適切な指示を提供し警察官を速やかに現場へ派遣することをサポートします。