デルタパスリモートディプロイメントサービス(RDS)を利用することでデルタパスのユニファイドコミュニケーションソリューションの運用が簡易になります。

デルタパスリモートディプロイメントサービスは、グローバルにIT管理を行う部門を自社で持ち、またメーカーよりUCコアや電話等の設置をリモートでサポート受ける企業向けにデザインされています。また、すでにVoIP, PBXまたは各種ユニファイドコミュニケーションプラットフォームの運用をされているIT部門を対象としています。本サービスによって、お客様はメーカーよりダイレクトのサポート受けることが可能になり、専任の担当者が物理的にパーツ等をインストールするといったコストを削減することを実現します。

リモートディプロイメントサービスの前提条件

  • 過去にVoIP、IPテレフォニー、UC関連製品の導入経験
  • オンサイトでのラックマウントや電話接続管理、また様々なUCの中での各種のディバイスを管理される専任スタッフの配置
  • 次の言語での対応が可能:英語、広東語、中国語(マンダリン)、日本語
  • 自社のネットワークの管理、分析、およびUCの実装前の診断が可能

サービス範囲

本サービスは3つのフェーズから構成されています:

システム導入開始

このフェーズではお客様の全要件が収集されます:

  • お客様側のITチームが電話をインストールし、基本機能を検証。デルタパスのエンジニアが電話を通じて問題の解決を最後までサポートします。
コンフィギュレーション/テスティング
  • お客様側のITチームが物理的にfrSIP UCアプライアンスおよびゲートウェイをインストールし、IPアドレスを割り当てます。
  • お客様が電話のシリアルナンバー、ユーザーリスト、ダイヤルプランをデルタパス側に提供しリモートでボックスを構成します。
  • お客様側のITチームが新しいシステムを検証し、受け入れテストを開始します。
デザイン/バリデーション

このフェーズではお客様の全要件が収集されます:

  • どのようなユーザーニーズがあるのか? 現在のシステム上で直面している問題は何か?
  • ユーザーの必要要件を満たすための最善のシステムとは何か?