クラウドソリューションにおけるビジョン

MCS (Deltapath Managed Cloud Services) は企業が導入済のデルタパス製品機能を、クラウドを使用してより良いものにします。企業向けのビジネスコラボレーション、モバイルアプリケーション、コミュニケーションサーバー及びハードウェアテクノロジーといった広い範囲にまたがるエンドツーエンドのクラウドサービスを提供します。ブランディング及びマーケットへの進出をサポートします

Deltapath Managed Cloud Services プログラム

MCS( Deltapath Managed Cloud Services ) はより能率的な働き方、より効率的なコミュニケーションを提供します

ビデオコラボレーションやVoIP、インスタントメッセージ、ユニファイドメッセージ、ウェブ/音声/ビデオ会議、ソーシャルネットワークの利用といったアドバンスなコミュニケーションによって、ユーザーは以前よりもはるかに効率的にコミュニケーションをとれるようになりました。同時に、モバイルコミュニケーションは顧客、パートナー、従業員と24時間繋がることができる環境を提供しています。

これらのテクノロジーにより、企業内のコラボレーションを加速させビジネスプロレスを改善出来ます。そして近年、多くの企業がこれらのテクノロジーにコミュニケーションインフラの一部としての投資をする必要性を認識し始めています。しかしながら、社内IT技術者の不足やインフラシステムの管理及びメンテナンスにかける時間を鑑みて、導入をためらうケースが多く見られます。

デルタパスはユニファイドコミュニケーション(UC)を、オンプレミス、ハイブリッドクラウド、またプライベートクラウドやパブリッククラウドのサービスとして提供しています。そしてこのソリューションは24時間体制で製品のパフォーマンスを監視できる構造にデザインされています。デルタパスはレガシーUCインフラを統合し、企業に最新のUCテクノロジーを導入します。UCによってクライアントは従来の電話システムを入れ替え、通信コストを抑えつつ従業員のパフォーマンスを改善させます。

クラウドサービスが、企業向けに導入するのに十分な品質であるかというのは、導入検討企業が最も気にするところです。Deltapath Managed Cloud Services(MCS)プログラムのメンバーになることで、企業向けサービス一覧にアクセス可能になります。デルタパスのパブリッククラウドは高い費用対効果と、マーケットへの進出をサポートします。

ご提供できるクラウドサービス

より詳しい情報はソリューションエキスパート までお問い合わせください。