ハイブリッドクラウドとは

政府関係などの組織、業界においてはクラウドテクノロジーを使用することはコンプライアンス上の理由から課題が多いものです。

アドバンテージ

ひとつの大きな特徴はハイブリッドクラウドはオンプレミス型で直接アクセスできるプライベートなインフラを構築できます。これにより、公共のインターネット回線を使用しなくて済むということです。この仕組みがセキュリティを大幅に高め、コンプライアンス基準を満たし、仮にインターネット接続に問題があったとしても、運用を続けることができます。

ご提供

全てのデルタパスプライベートクラウドソリューションはハイブリットクラウドとして提供可能です。 是非、お問い合わせください。

より詳しい情報はソリューションエキスパート までお問い合わせください。