Skype for Business Cloud Bridge

次世代コミュニケーションの体験

What Is It?

Skype for Businessクラウドブリッジソリューションは、

• 新たなコミュニケーションの形に対応します

• 生産性向上、グローバル展開、コスト削減を目指すために自社の音声会議ブリッジ構築を検討している組織に最適なソリューションです

• 既存の電話インフラ投資が保護され、また日々の重要な業務オペレーションを維持できます

How Does It Work?

Skype for Businessクラウドブリッジは電話回線サービスとSkype for Business(SFB)オンラインサービスを統合します。 Skype for Businessクラウドブリッジは、既存のPBXサービス(CiscoやAvayaなど)との連携が可能です。 外線への発着信は、サードパーティ製のUCプラットフォームを通じてSkype for Business Onlineに送られます。 ビデオ会議システムへの既存の投資を保護するため、Skype for BusinessクラウドブリッジはオープンスタンダードのSIPビデオ会議システムをMicrosoft Skype for Businessにトランスコードする事で、、ほぼすべてのエンタープライズビデオ会議システムがSkype for Businessのユーザーとのコミュニケーション、または会議への参加を実現します。

Skype for Businessクラウドブリッジは、基本的にはクラウドで提供されますが、独自の遅延が低いMPLSネットワークをお持ちの場合は、お客様のネットワークに個別にホストするソリューションも提供しています。

Who Does It Benefit?

PSTNやPBXがSkype for Businessと統合されることで、従来の電話システムと電話機がSkype for Businessに接続することができます。 一方、ユーザーはSkype for Businessの可能性を最大限に引き出し、新しいコミュニケーション手段を体験することができます。

Skype for Businessクラウドブリッジには下記のメリットがあります:

1. Skype for Businessクライアントを使用して、オフィスにある自席の電話機、および複数のプラットフォームやデバイスで外線からの電話を受ける事ができます。

2. 自席の電話機およびSkype for Businessクライアントが同時に鳴るので、離席時に電話にでる事ができないという事がなくなります。それによって顧客、パートナー、サプライヤーに高いレベルのサービスの提供が可能になります。

3. Skype for Businessクライアントから外線発信する事ができます。

4. Skype for Businessクライアントから同僚の内線番号へ発信することができます。

5. 個人所有のデバイスでSkype for Businessクライアントを利用する従業員は、個人の電話番号を公開することはありません。 発信者IDには常に従業員の会社の電話番号が表示されます。

6. Skype for Businessのユーザーは、世界のどこからでも、またあらゆるデバイスから音声会議にシームレスに参加できます。

7. 組織は、回線契約料、および通信料を大幅に節約することができます。 音声会議に参加する人が、Skype for Businessクライアントを使用して会議に参加することで、トールフリーダイヤルや電話回線の利用を大幅に削減する事ができます。

Skype for Business クラウドブリッジ

主要機能

✓ ビジネス電話回線をSkype for Businessオンラインに接続
✓ 外線着信時に、デスクトップ電話機およびSFBクライアントを同時に呼び出す事が可能
✓ Skype for Businessクライアントから組織内の内線番号と通話
✓ Skype for Businessクライアントからの外線発信
✓ 任意のSIPビデオエンドポイントを使用したkype for Businessユーザーとのビデオ通話、およびコラボレーション

付加機能

✓ Skype for BusinessミーティングのためのPSTN音声会議ブリッジ