“メディア参加”の新しいパラダイムです

最も売上を上げた製品やサービスに注目すると、大衆参加型のメディアの力が大きいようです。電話、メールまたはインターネットを通した投票システムから、クイズへの回答することなどがこれにあたります。これらは消費者がメディアに参加するのに、お金を支払うのを厭わないことも示しています。しかながら、このようなメディアの成功にかかわらず、参加型メディアはまだまだ制限されているというのが現状です。

TVやラジオは失った広告収入を取り戻すという強い危機感があります。これはソーシャルメディアやyoutubeなどのエンターテイメントオンラインが原因の一部です。特に高い購買意欲のある若年層はTVよりエンターテイメントオンラインを好む傾向にあります。 ソーシャルメディアもTVに代わる大きなメディアの一つとなりつつあります。

Deltapath - HKICTA Lifestyle Award Banner photo-01


デルタパスエンゲージテイメント™ブロードキャストソリューション

企業紹介や広告にUCを利用しているTVやラジオ産業において、デルタパスエンゲージテイメント™ ソリューションは特に実用的です。

デルタパスの明確なビジョンは、公共の利益へのUCテクノロジーの活用です。例えば専業主婦/夫や定年退職者は、家にいることが増え、社会とのつながりが希薄になりつつあります。こういった問題に対しコミュニケーションテクノロジーを活用することで解決策を講じ、より良いコミュニケーションを創出し、人々の生活に寄与します。

デルタパスエンゲージテイメント™ は以下のモジュールを含んでいます

デルタパスのビジョン

公共の利益のためにの自社サービスの宣伝活動をしたいという中小企業や中規模組織(営利/非営利問わず)に貢献するため、デルタパスがデルタパスエンゲージテイメント™ コミュニケーションションという名でエンターテイメント業界への参入をしました。これはまた香港政府が住民に自発的学習(self-learning)と生涯学習(lifetime-learning)を推奨いていることとも繋がります。 究極的には、誰もが自分の住んでいる環境について学び、意見交換をし、ローカル地域に根付くといった活動の一助になると期待しています。